プロバイダの乗換えで失敗しました…

プロバイダの料金が今より安くなるといわれて、今のプロバイダに換えたのですが、間違えたと思っています。確かに、金額はかなりサイフに優しい価格でした。しかし、しばしばネットにつながらなくなってしまったり、遅くなったりで、前のプロバイダの方がはるかに快適だったのです。安易にプロバイダを変更するんじゃなかったと、悔やんでいます。
月ごとに請求される光回線の料金は決まった金額を差し引かれているため、あまり深く考えることはないかもしれませんが、携帯などの料金と合算すると、毎月軽視できないほどの金額を通信コストとして支払っていることになります。いくつか存在する通信料金プランの中からわずかでも安いプランで契約を結びたいものです。知名度の高くないワイモバイルの場合、解約時に発生する解約金を低料金にしたり、契約の期間を短めにしたりしてお試しの期間を利用するようにすれば、契約の回数が増えていくと考えられます。安さに魅かれても、1年以上の契約の期間があっては、契約にはなかなか踏み出せないものです。
引越しをした際に別のプロバイダに変えてみたんです。
プロバイダを変更しても、以前使っていたプロバイダとそんなに違いを感じたり、使いにくかったりしないので、変更して良かったな、と思います。
プロバイダなどの契約は2年ごとの更新をする際にもっといい会社がないか考えてみるといいのではないでしょうか。

contents

HOME

未分類

pagetop

Copyright(c)土日にネット回線の工事をしてもらえるのか. All rights reserved.